よくわかる!オリジナルスウェット作成ガイド

LINE UP

TOP > オリジナルスウェット作成について > オリジナルスウェットの販売価格とテキストの選定

オリジナルスウェットの販売価格とテキストの選定

 オリジナルスウェットを作り込むケースにおいては、当然販売価格が一番最初に気にかかるという人が多いと考えられます。
一般的に考えて、オリジナルTシャツと見比べてもオリジナルスウェットの方が単価そのものが高くなると言っても過言ではありません。
プリント加工の額面は一緒だったとしても、素材そのものが高額になりますので、おのずと1枚あたりの値段もTシャツと照らし合わせると高い価格になるということが実態になります。
しかしながら、無地のスウェットそのものは、安い価格にて確保することができます。
特徴のある加工が行われているスウェットにあたっては無地であっても販売価格が割高に設定されていますが、原則としては安い価格で手に入れることができますので安心して大丈夫といえます。

 無地のスウェットの費用にプリント加工料金をプラスして、オリジナルスウェットを買うことになります。
その場合のプリント加工の方法により、販売価格が大きく変化してきますので、購入する際は注意する必要があります。
飾り気のない単色のプリントならば、オリジナルスウェットを安い金額にて作り込むことができますが、採用するカラーが増加すればその割合に応じて1枚あたりの単価が張る結果になります。
しかしながら、プリントする為に作り込む版につきましては、1種類で十分ですので、制作するスウェットの数が増加すればその分だけ1枚あたりの販売価格が安く済みます。
とりわけ多量のオリジナルスウェットを作り上げるというケースになるとリーズナブルに活用することが出来ますので、見積もりを立てると共に販売店に交渉してみるとよいでしょう。

 オリジナルスウェットに対して、テキストを入れたいという人も多いと考えられます。
それに加えて、本当のことを言うとイラストなどを混ぜ入れたいけど、デザイン性が難しいのでテキストのほうが良いという人もいることでしょう。
たかがテキストの構築だと考えている人も多いと考えられますが、テキストにも多種多様なデザインが見受けられます。
あらためていうまでもなく、使用するテキストの色もデザイン性のひとつですが、書体にもこだわりを持つことが重要になります。
利用する書体により、スウェットのイメージが大きく変わります。
プリント加工の方法により外見上も変わってきますが、テキストが大きければ書体の選定も肝要になってきます。
使用するスウェットのカラーと合わせて、予定している予算に配慮しつつ考えましょう。

PAGE TOP