よくわかる!オリジナルスウェット作成ガイド

LINE UP

TOP > オリジナルスウェット作成について > オリジナルスウェットのプリント加工の種類と特徴

オリジナルスウェットのプリント加工の種類と特徴

 オリジナルスウェットを着用することを通して、メリットを得ることができます。
ただし、ひとつの例として1のみでリクエスト製作した衣類を着用したとしても、自己満足を手にする以外に利点は少ないと考えられます。
あらためていうまでもなく、デザイン性の優れたスウェットを着用できれば嬉しいわけですが、グループで使用するからこそとても大きなアドバンテージが得られるといえます。
仲間と一緒の衣装を身に付けることで、仲間意識が芽生えます。
そして、団結力も上向きになることになります。
一例として、同一のサークルでなにかしらの催し物に参加するケースで、一緒のオリジナルのスウェットを着用していれば、ナチュラルに仲間意識が生まれます。
それに加えて、体育祭などにおいてクラスで一緒のスウェットを着用すれば、同チームでバトルしているという団結力ができること間違いありません。

 オリジナルスウェットを作り込むケースでは、それに見合った形式でプリント加工を実施することになります。
プリント加工の手段でそのスウェットのクオリティーが違ってきますし、費用もプリント加工の手段で大きく変化してきますので注意が必要になります。
プリント加工にもいろいろなバリエーションがありますが、とりわけ典型的な方法としてあげることができるのはシルクプリントというものになります。
シルクプリントにおいては、生地に対してインクをダイレクトに刷り込むことができますので、持久性において秀でています。
スタンダードに商取引されているスウェットの多くにもシルクプリントが実施されてていますので、断然ポピュラーなテクニックだといえるでしょう。
したがって、加工方法の選択肢のひとつといえます。

 それに加えて、フルカラープリントに即したフルカラー転写プリントというテクニックも見受けられます。
シルクプリントと照らし合わせると割高になっていますが、シルクプリントで表すことができないような惹きつけられるプリントが可能となります。
写真自体を印刷することも行なえるので、気に入った写真を用いたい方はこのやり方を使用することをお勧めします。
原則として、シルクプリントかフルカラー転写プリントのどちらかを活用することになりますが、各々に刺繍を入れたりすることも困難ではありません。
1つの例として同一のスウェットを作り上げても、活用する人ごとに名称を入れたいといった場合には、刺繍を埋め込むと良いでしょう。
別料金のオプションですので、予定している予算を考量しながら使用するかを決定しましょう。

PAGE TOP