よくわかる!オリジナルスウェット作成ガイド

LINE UP

TOP > オリジナルスウェット作成について > オリジナルスウェットのデザイン性と活用法

オリジナルスウェットのデザイン性と活用法

 オリジナルスウェットの人気になっているデザイン性としては、幾分派手目で独自色の強いデザインをプリントして身に付けるスタイルが若々しい世代の人に取入れられています。
具体的に言いますと、スポーツイベントなどにピッタリ合うようなデザイン性です。
こうしたスポーツ系であれば、ストリートウェアという形でも身に付けることができます。
この他には知り合い同士やサークルなど、複数人が集まってイベントなどに加わる場合、同一のデザイン性を利用することによって統一し仲間意識をアップさせる方法を選択するケースもあります。
相対的にラフな印象のあるスウェットですが、センスが良好のオリジナルスウェットを着用することで、日常スタイルのレベルアップに結びつきます。
その上トレンドも意識することによって、世間との一体感を得ることが出来ます。

 希望しているスウェットがなかったりなどの要因でオリジナルスウェットを作成する人が拡がっています。
しかしながら、制作しようとなった際に悩むことがデザイン性です。
そして盛り込んでおきたいデザインは、コンセプトにマッチしたものです。
デザインを考察するときは、まず第一にコンセプトを決定づけます。
使い道は催し物なのか、クラブ活動なのかなどを書き出します。
それから一つの例として、可愛いものでは、花などで検索し、イメージにマッチしたものをビックアップします。
下地はピンク系であったりと想定しているものに非常に近いカラーを選びます。
あとはそういったファクターを切り貼りしオリジナルのデザインの基盤を考えましょう。
さらに、スウェットもタイプや生地、厚さなどはいろいろあり、そういったところも踏まえてデザイン性を考えましょう。

 手間ひまかけて仕立て上げたオリジナルスウェットですが、可能であるなら様々な場面で活躍させたいものです。
サークル向けに仕立て上げたなら、別のサークルとの交流試合で利用するとよいでしょう。
ユニフォームとは異なった統一感を訴え掛けられます。
移動中も存在感がありますので、サークルの認知度アップに繋がります。
また、催し物スタッフ向けに作ったスウェットは、催し物が終了してからも使用することができます。
打ち上げに加えて、町中でも違和感なく日常使用ができます。
催し物にスタッフとして加わった証ですから、それなりの優越感も味わえます。
スウェットを目にした人が、催し物に関心を持ってくれる可能性もあります。
他にも、オリジナルスウェットは活躍シーンはいろいろあります。
工夫次第で様々な場面で活躍できます。

PAGE TOP